最新映画レビュー

  • 『複製された男』ひとつの仕掛けとしての「分身」

    複製された男:メインノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化。自分そっくりの顔を持つ男と出会った主人公の運命は……?7月18日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開。(2014.7.21up)

    more
  • 『怪しい彼女』“非・美女系”女優に目がくぎづけ

    main『怪しい彼女』は主演のシム・ウンギョンだけでご飯3杯いける映画だ。体はハタチ、けれど中身は酸いも甘いも噛み分けた70歳のおばあちゃんという難役を、キュートに、かつ、リアルに演じきっている。7月11日(金)公開。(2014.7.7.up)

    more
  • 『her/世界でひとつの彼女』クロスレビュー

    HERmain映画と。ライターによるクロスレビューです。本年度アカデミー賞・脚本賞受賞!奇才スパイク・ジョーンズ最新作は、ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、スカーレット・ヨハンソンら豪華かつ実力派のキャストが集結。6月28日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー!(2014.6.29up)

    more
  • 『ラストミッション』久々にかっこいいケヴィン・コスナー

    ラストミッション:メインマックG監督×リュック・ベッソン脚本×ケヴィン・コスナー主演。6月21日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー!(2014.6.20up)

    more
  • 『ノア 約束の舟』クロスレビュー

    ノア 約束の舟映画と。ライターによるクロスレビューです。アカデミー賞俳優ラッセル・クロウと『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督がタッグを組み、旧約聖書の「ノアの方舟」伝説を壮大なスペクタクル感動巨編として描いた話題作。6月13日(金)より公開。(2014.6.17up)

    more

ピックアップ!

第86回米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート!『ザ・ミッシング・ピクチャー(英題)』のリティ・パニュ監督インタビュー

RithyPANH3カンヌ映画祭ある視点部門最優秀賞を獲得、米アカデミー賞の外国語映画賞にカンボジア映画代表として初めてノミネートされた本作品。東京フィルメックスのクロージングに合わせて来日したリティ・パニュ監督がインタビューにこたえてくれた。※『消えた画 クメール・ルージュの真実』の邦題で、2014年7月5日(土)よりユーロスペースにて全国順次ロードショー!(2014.3.2up)

more

イベント

監督専念は「合う役がなかった」、「西遊記」映画化のチャウ・シンチーが6年ぶり来日!

周星驰『少林サッカー』などで知られるチャウ・シンチー監督が6年ぶりの来日を果たし、7月22日(火)東京都内で記者会見に出席した。これまで自身の監督作では主演も兼ねてきたが、11月日本公開の最新作『西遊記~はじまりのはじまり~』では製作・脚本・監督と裏方に徹している。その理由を、「自分に合う役がなかったから。良さそうな役もありましたが、僕は主役しかやりませんから」語り、会場の笑いを誘った。(2014.7.22.up)

more

インタビュー

『収容病棟』王兵(ワン・ビン)監督インタビュー:社会から隔絶された精神病院に密着。「誰のためでもなく、興味を抱いたから撮る」

wangbing『鉄西区』『無言歌』『三姉妹~雲南の子』等の作品で世界で高い評価を得てきた王兵(ワン・ビン)監督。最新作『収容病棟』(6/28公開)は、社会から隔絶された精神病院の内部に潜入したドキュメンタリーだ。王兵による神懸かり的な映像は、今回も観る者をまるで精神病院の一室で収容者たちと共にいるような感覚にさせる。来日した監督にお話をうかがった。(2014.6.25.up)

more
2014/07/2502:44Fri
映画と。Facebookページ