最新映画レビュー

  • 『サンドラの週末』クロスレビュー

    サンドラの週末映画と。ライターによるクロスレビューです。ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督×マリオン・コティヤール。カンヌ国際映画祭史上初の5作品連続主要賞6賞受賞監督が、アカデミー賞®主演女優賞受賞者を迎えて描く等身大のひとりの女性の物語。5月23日より公開。(2015.5.15up)

    more
  • 『イタリアは呼んでいる』クロスレビュー

    「イタリアは呼んでいる」main映画と。ライターによるクロスレビューです。マイケル・ウィンターボトム監督がグルメ取材でイタリアを訪れた英国人中年男性(スティーヴ・クーガン&ロブ・ブライドン)の2人旅をユーモアたっぷりに描いたロードムービー。5月1日より公開中。(2015.5.9up)

    more
  • 『Mommy/マミー』クロスレビュー

    main_mommy映画と。ライターによるクロスレビューです。2014年カンヌ映画祭において審査員特別賞を受賞。『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人』で世界の映画シーンに鮮烈なデビューを飾り、映画界の若き救世主とも称され、一躍時代の寵児となったグザヴィエ・ドラン監督の最新作。4月25日より公開。(2015.4.27up)

    more
  • 『セッション』クロスレビュー

    セッション_main class=映画と。ライターによるクロスレビューです。第87回アカデミー賞で助演男優賞(J・K・シモンズ)、編集賞、録音賞を受賞。監督は本作が長編デビューとなったデイミアン・チャゼル。4月17日より公開。(2015.4.18up)

    more
  • 『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』クロスレビュー

    ソロモンの偽証 前篇_main映画と。ライターによるクロスレビューです。原作は宮部みゆきの同名小説で、成島出監督が前後篇の2部作で映画化した。中学生キャストの藤野涼子、板垣瑞生らはオーディションで選ばれ、彼らを囲む大人には永作博美、尾野真千子など実力派俳優が集結。『前篇』は3月7日より、『後篇』は4月11日より公開。(2015.4.12up)

    more

ピックアップ!

【FILMeX_2014】『扉の少女』(仮題)Q&A:韓国の新鋭チョン・ジュリ監督、ペ・ドゥナを「私の一番の同志」

扉の少女QA11月24日、開催中の第15回東京フィルメックス・コンペディション部門『扉の少女』(仮題)のQ&Aに韓国の人気女優ペ・ドゥナと本作で長編デビューを飾ったチョン・ジュリ監督が登壇した。会場の有楽町・朝日ホールにはドゥナのファンもたくさん訪れ、彼女に熱い視線を注いでいた。 ※『私の少女』のタイトルで、2015年5月1日より全国順次ロードショー。(2014.11.25up)

more

イベント

柳下美恵のピアノdeシネマ2015『翼の世界』~柳下美恵さん、馬場良秀さん (『島耕二監督』監督・撮影)トークショー

ピアノdeシネマ23月20日渋谷アップリンクにて行われた「柳下美恵のピアノdeシネマ2015」の2回目の公演は、『翼の世界』。主演の島耕二の晩年の記録映像『島耕二監督』も上映され、終映後には、本作の監督、馬場良秀さんを招いてのトークショーが行われた。(2015.5.17up)

more

インタビュー

『追憶と、踊りながら』ホン・カウ監督インタビュー:ベン・ウィショーには「ゲイという先入観を転換させていける力がある」

HongKhaou_1ベン・ウィショー×チェン・ペイペイという異色の共演が実現した英国映画『追憶と、踊りながら』。ロンドンに暮らす中国系女性と、英国人青年が、愛する人の思い出を間に向かい合う様子を、繊細な演出で描く。新進気鋭のホン・カウ監督にお話を伺った。(2015.05.23.up)

more
2015/05/2908:57Fri
映画と。Facebookページ