暁に祈れ

主演ジョー・コール(サッカー選手ではない人)の熱演とリアル囚人3000人の迫力が半端ないって!

「ジョー・コール」という名前を聞けば、サッカー好きの身からすると真っ先に思い浮かぶのは、イングランド代表やチェルシーなどで活躍したサッカー選手だ。好きな選手の一人だし、先月には20年に及ぶ現役生活に終止符を打つことが発表されたが、「ジョー・・・」としか言葉にできないような、寂しさを感じたものだ。一方でここ数年、『17歳のエンディングノート』『グリーンルーム』『きみへの距離、1万キロ』などで「ジョー・コール」をちらちら見かけるようになった。サッカーのジョーとスペルも全く同じの‟Joe Cole”。サッカーの母国イングランドで、スター選手と同姓同名となぜ・・・?とか思っていたのだが(ただTwitterのアカウントが@theotherjoecole なので、何らかの自覚はあるのだろう)、その俳優のほうのジョーが主演する『暁に祈れ』が公開される。サッカーファンから「ええっ!ジョーってば引退したと思ったら早くも俳優転向?」みたいな早とちりが起こらなければ良いのだが・・・。

それはさておき、本作はタイで自堕落の生活を送っていた英国人ボクサー、ビリー・ムーア(ジョー)が薬物使用で逮捕された後、刑務所でムエタイと出会い、人生の再起をかけた自伝小説を映画化したものだ。殺人や賄賂やレイプがごく普通に行われ、生き地獄とも形容される刑務所の環境の劣悪っぷりがすさまじく、ひえ~っ!とのけぞる。本物の刑務所でロケしたというのだから、驚きだ。さらに目を引くのは囚人役のエキストラが実際に元囚人で、ほとんどの人が全身にタトゥーを施しており、それはもう半端ない迫力。その数、何と3000人!カルチャーショックというか、もはや恐怖の域に達している。そんな彼らの経験値の高さと層の厚さ(?)が、この作品の魂というべきリアル感をもたらしている。

刑務所で囚人たちに痛めつけられ、人生に絶望し、獣のように咆哮するしかないビリーだが、所内にムエタイチームがあることを知り、紆余曲折の末、チームへの加入を認められる。別人のようにムエタイの練習に励むビリー。とにかく身体が資本だ。言葉ではなく、肉と肉が激しくぶつかり合う音が生への執着を語る。ビリーの荒い呼吸も生々しい。人生を取り戻す術は、ムエタイしかない。ムエタイだけが自分の拠りどころだという悲壮なオーラが、彼の肉体から立ち込めて息苦しいほどだ。ジョーは出演にあたって数か月に及ぶトレーニングを行い、30日間の過酷な撮影に臨んだという。本作は昨年のカンヌ国際映画祭に出品され、彼が絶賛されたのも納得の熱演。12月2日に発表された英国インディペンデント映画賞(BIFA)では主演男優賞を見事受賞した。先月30歳になったジョーだが、いよいよ「ジョー・コール」の名がサッカー選手だけではなく、俳優のジョーも広く認知される作品になるのではないか。

正直なところ、暗い映画だ。タイのキャッチフレーズ「ほほ笑みの国」はどこへやら、笑っている人は皆無。熱いスポ根ものでもない。ビリーは良い人間ではないし、自業自得で最悪な状況に陥っている。だが、暗ければ暗いほど夜明けのかすかな光も、まばゆく感じる。絶望の日々を過ごすビリーの瞳には、それは神々しく映るだろう。ラストのある人物との邂逅のしかけには驚いたが、それは彼に救いが与えられたかのようで、心に響く。BIFAの授賞式で「長時間狂ったように練習して、タイの人たちからも厳しい指導を受け、毎日ボコボコにされていた。撮影が終わり、帰りの飛行機に乗れたときは最高に嬉しかった」とジョーは語ったが、実際のビリー・ムーアも英国へ帰国できたときは最高に嬉しかったに違いない。二人のビリーの思いがリンクするスピーチのようで何とも感慨深い。

追記:『暁に祈れ』という邦題、個人的に今年の邦題ベスト1です。


12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開!
© 2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS

トラックバック URL(管理者の承認後に表示します)